やまの足あと〜Walk on Great Earth〜4

やまの足あと

Cairns〜Darwin 2850km バス移動

 

ケアンズでの滞在は一週間までだ!

この時僕らはAUSTRALIAでの生活に必要な下準備を全て終えて、

AUSTRALIAで最もポピュラーな長距離バス【グレイハウンドバス】を利用し、ダーウィンと言う町まで向かった。

(Greyhound Australia)はオーストラリア最大の長距離バス会社で
、オーストラリアの殆んどを渡れるみたい。

 

 

グレイハウンドバスの予約は↓↓↓
https://m.greyhound.com.au/
路線図PDF 参考までに↓↓↓
http://www.greyhound.com.au/Clients/GREYHOUNDNEW/documents/pdfs/Network-Map.pdf

経由地の詳細

ケアンズ(Cairns)

タリー(Tully)

タウンズビル(Townsville)
乗り換えの為に一泊

マウント・アイザ(Mount Isa)

テナントクリーク(Tennant Creek)

アリススプリングス(Alice Springs)

ダーウィン(Darwin)

距離2850km ,32時間

 

い〜や〜・3・、長かった!
AUSTRALIAの飛行機は国内線が距離の割に安く、場合によってはバスより安くなる時もあるらしい。
それなのになぜ2日もかかる陸路をチョイスしたのかというと、

答えは簡単だ!何も知らない未知なるAUSTRALIAの世界を空の上で何も見ずに過ぎ去って行くのが勿体なく感じたから!
結果は大満足☀
いつもは自分でドライブするもんだから景色を隅々まで見る余裕はあんまないけど久々に誰かにドライブして貰って見る外の景色はかなりリラックス出来た🎵

しかも目的地であるダーウィンでの1週間の滞在で、またまたSaturday&Sunday Marketのイベントと重なった!

どデカいクロコダイルの頭やレザー、昆虫の標本や牙をふんだんに使ったカッコいいマクラメアート、大量の何かの肉の丸焼きにOGビール!!

 

 

なが〜〜イ自転車で町を移動するおっちゃん

しかもいたるところから大好きな民族楽器の音が聞こえてくる。

『ディジュリドゥだ!ディジュの音がする!!』 生のディジュ音に大興奮(笑)

音のある方へ向かうと……。

そこにはAUSTRALIAアボリジニ達の伝統楽器でる【ディジュリドゥ】を響かせるめちゃくちゃカッコイイ人がいた!!!
動画↓↓↓(ディジュリドゥアーティスト&パーカッション)〜
アボリジナルダンスを添えて🎵(笑)

どのくらい見惚れていたのだろうか。

ディジュプレイヤーもずっと吹いてた。

ただでさえ肺活量使うのに、凄い体力だ…!

ディジュリドゥ特有の倍増音が大海原へと響きわたる。

そしてあっという間に時が流れむかえるSUNSET

この幻想的な空間はなんなんだべか?!
僕は完全にやられてた……。

この空間を創り上げたこの世の全ての物に感謝を込めて

レッドバンドに染まる水平線の絶景とAUSTRALIAの古代から受け継がれる音色を五感で感じた。

『あー最高……。』
そして完全に日が落ちると
暴れだすのはファイアーマン!


彼らの繰り出す炎の結晶は、

僕の心も一緒に燃えてAUSTRALIAへの想いが熱くなる!

この日はこの地で本当に良い物を与えられた気がする。

ありがとうダーウィン。
次また会うとき俺達はこの広大なAUSTRALIAを一周したと言う事だろう!

 

(補足)

ところでなぜ今回ケアンズから入ったのにこのタイミングでわざわさ遠く離れたダーウィンまで来たのかと言うと、、、

それは!!!

 

【仕事探し!!!】

 

しかも収穫ゼロ!(笑)

フルーツのピッキングやジャパレス、HOTELのハウスキーパーなどの様々な仕事が何処でやってるのかは良くわかったけど、
全てが空きの無い状態でしかもBackPackersなどの宿では2週間も3週間も空きがでるまで待機してる人達でつっぺ状態。

後々知る事となったのだか、AUSTRALIAの仕事は国で定められた外国人労働者の最低時給が18$と、どれも報酬が高くて物凄く稼げると言う話を良く耳にするが、実際に働くまでが大変だと言うこと!

最低時給が18$なのにそれ以下で雇う違法雇用主もバカ見たいに多いいし、
(どうせ稼げる国にいるのだからちゃんとくれる所で働きたい!)と誰もが思う。

そうこうしてるうちに
仕事を探しきれず生活にお金を費やし資金が底をついて日本に帰国するワーホリも少なくないと言う現実。

現に僕らは仕事をGET出来なかった。
やりたい仕事がどれも人で溢れかえってて(笑)、、、英語も出来ないしね(*^^*)

しかしダーウィンは良いところだったな〜!!!

 

次だ!次だ!

yama
About yama 5 Articles
出身地→北海道 / 住まい→母なる大地、地球(現在日本) / 年齢→30 / 尊敬する人物→c w ニコル&ベアグリル / 愛読書→猛毒生物最恐50

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*