《Staff Blog》謎の小学生

最近ルーティーン・ワークの日々が続いており、どうしたものか困っております。

 

そんなモヤモヤを抱えながら昨日もデザイン作業をしていたのですが、珍しい時間帯にインターホンが鳴ったのでドアを開けると、小学生の男の子2人が立っていました。

 

ビックリして、その子らが口を開く前に「え?家間違えてへん?」と言うと、少年たちは「すいません、◯◯君探しているんですけど、どこに住んでいるか知りませんか?」と礼儀正しく敬語で質問してきました。

 

まず敬語で話せる事自体に結構感動しました 笑。

 

彼ら曰く、前日に遊ぶ約束したものの結局その日に◯◯君は現れなかったので近隣を探しているという事でした。

 

礼儀正しい良い子たちだったので何かしら協力したかったのですが、そもそも近所に小学生が住んでいるかどうかも分からないので、特に何もできずお別れして仕事に戻りました。

 

しばらくしてから、作業止めてでも一緒に探した方が面白かったかな〜と少し後悔しました。中々無いことですし 笑。

 

でも、今考えると家に電話するなりすれば良いのに・・・学校の友達じゃないんかな?それともドタキャンした友達に怒ってたのか(そんな子らには見えへんかったけど)、はたまた行方不明なのか・・・気になってが仕方ない。

 

今日また少年たちが来たら一緒に探そうと思ってたんですが、流石に来ませんでした・・・。

 

色んな意味で昨日手伝ってあげなかった事を、今現在猛烈に後悔してます。

kakelu
About kakelu 16 Articles
ZANKAのデザイナー兼裏方担当。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*