《Staff Blog》野生の思考とフィジーの思い出

先日、数年ぶりにとある方に相談?というか、ここ何年かの近況報告をしたんですが、「君は相変わらずその場その場で生きてるね」と、仰って頂きました 笑。

 

僕みたいな思考の人間の事を、堅い世界では「野生の思考」というらしいです。

 

話を聞いてた時は「ふんふん」と思ってたのですが、今wikiを読んだらあんまり意味わからん 笑。

 

野生の思考とは、ありあわせの素材を用いて入り用の物を作る場合(ブリコラージュ)に例えられ、器用人の思考様式と特徴づけられる。

(wikipediaより引用)

 

その時その時で、自分の持ってる知識でなんとかするってことのようです。

 

そういえば昔フィジーで働いてた頃、パスタを茹でてる間に外に出たら、綺麗にドアノブが抜けて家に入れなくなった事を思い出しました。

 

とりあえず一服して、「どうしよかな」と悠長に考えてる間に沸騰したお湯で火が消えて焦りまくったっていう 笑。

 

結局この時は外に置いてたハサミを使って、泥棒ばりにピッキングしてなんとか家に入って火を止める事ができました。

 

後日、スタッフの器用なインド人に付けてもらったんですが、すぐにまた取れたので、しばらくハサミを鍵代わりに使ってました。

 

つけ直したのに、この数日後に再びすっぽり抜けた

 

ドア締めると勝手に鍵掛かるんで、結果的に便利だったんですけどね。おかげでハサミの使い方もうまくなったし 笑。

 

野生の思考ってきっとこういう事かな??

 

あと似たような事件で、一時期ライター代わりにコンロで火をつけていたんですが、しっかり火を消せていなくて次の日起きたら家の中にガスが充満していた事もありましたね・・・。

 

よくテレビとかで自殺にガス使ったりするんで、きっと危なかったんでしょうね・・・無駄に広い家で良かった。

 

コンロを「カチっ」ってする時、「摩擦で爆発せえへんかな?」ってめちゃくちゃ怖かったです。

 

野生の思考って、馬鹿の事なんですかね?

 

それなら判りやすい。

 


<kakelu’s SNS>


kakelu
About kakelu 16 Articles
ZANKAのデザイナー兼裏方担当。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*