《interview》嵯峨美術大学(および嵯峨美術短期大学) 学長 : 森本 武

最後に、先生の今後について教えてもらえないですか?

僕のK’s Pointという仕事では、全国で小さな研究会を開いて、皆と対話をしていきたいですね。

 

「小さな」ってとこがポイントなんですか?

そうやね。まぁ音楽で言うと、武道館とかの大きな場所でやる人と、小さなミニコンサートを重ねていくという人がおるけど、僕はミニコンサートの方が好きや。少人数で、近いとこの中で話合うという。ここ(研究室)だって、時々K’s Pointの会員の人ら10人弱ぐらいで結構長い事しゃべったりするよ。そういう時間が物凄い大事なわけ。

 

大きな場所でやって分からない人がいるよりは、小さい場所に来た人全員に分かって欲しい、みたいな?

そうやね、そういう感じ。

 

その研究会は先生が自分の考えを教えるんですか?

僕自身が「なぜ思考というものが人を不安にさせるのか?」という問いを提起して、皆はどう思うかな?と。

 

対話って感じなんですね。

そうそう。

 

「大きく」じゃなくて「小さく」っていうのが森本先生らしくて良いですね。でも正直、数10人ってだけでも、僕の勝手なイメージからしたら森本先生には多い気がしましたけど(

いやいや・・でもまぁ、無意味に人が集まるのは好きじゃないけどね(笑)。

 

ちなみに飲み会とかも嫌いですか?
宴会とかも好きやないね。皆、酒飲んで楽しそうなフリしてるでしょ?

 

えぇ・・・楽しいフリなんかな?
ほんまに楽しい人同士やったらええけど。ほんまに仲の良い友達同士とか。

 

職場とかの飲み会とかが嫌いなんですか?
嫌いです。

 

そんな事言っていいんですか!? 学長やったら会食とかあるでしょ。
今の僕の仕事っていうのはそういうのも含むんですよね。

 

-やっぱり言っちゃ駄目なんじゃないですか(笑)。
あいつは嫌いやとか言えへん。仕事やから。まぁ、この世の仕事はこんなもんやなって感じですよ。

 

なんか色々ぶっちゃけてもらってありがとうございます!長時間のインタビューお疲れ様でした。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*