《interview》GREENJAM代表 : 大原 智

-でも、GREENJAMはまだ継続してますよね?

2年目が終わった時点で、辞めるって言ったんですけど、周りの先輩方を中心に「お前がやらんかったらGREENJAM無くなるから!」って止められて。ほんならこっちも「じゃあ、責任とってくれんすか?」ってなるじゃないすか。やるっていう判断は簡単ですけど、やるんやったらやるで「みんながどうとか、街がどうとか考えてたら辛くなるんで、僕はそんな抜きで好きな事だけやらせてもらいますよ。それでもついてきてくれるんですか?」って。それでもみんなが「やろう!」って言って、背中を押してもらって。

 

-おお!新たな気持ちで3年目がスタートしたんですね。

「この(実行委員の)子は楽しんでやってくれてるんやろうか?」とか「これは街にとって良いことなのか?」とか、本当は考えなあかんし、今も考えてはいるんですけど・・・・でも、そういう事を前提に物事考えてると僕のメンタルはパンクしちゃうんで、結果論として「あの子も楽しんでくれてた」「街が良くなってきた」っていう風になったらええな、と。3年目からは無責任に自分のやりたい事だけやりますよってスタンスになりました。

 

-切り替えられて良かったですね。

そうっすね。ほんまに3年目が始まるまで、2年目の期間が一番地獄でしたね 笑。きっとそれまでは僕、調子に乗ってたんでしょうね。街でフェスをやる「街つくりの若者リーダー」として、自分にこう・・・理想のリーダー像みたいなものを課せてたんやと思います。来場者も楽しんで、関わってくれた人も楽しんで、街にも良い影響があって・・・そういう事を「お前やれ!」って勝手に自分に言ってたんやと思います。でも「やーめた!知らん!そんな事」って。そうやって思えるまではしんどかったっす 笑。

 

-で、気持ちを切り替えて臨んだ3回目(去年)がまさかの大雨で中止・・・

そう!そう!

 

大雨に開催を阻まれた第三回。

 

-その中止の決断も・・・大原さんが・・・

そう!!え!?それ聞きます?(笑)

 

-はい・・・笑。たしか前日から雨が降ってたんですよね?

前日の夜からですね。何を聞きたいっすか?

 

-やっぱりギリギリまで開催しようとしてたんですか?

勿論!!

 

-雨はどうにもならないですもんね。

ただね!これは謙遜でも何でもなく、去年(3回目)の中止はマジで僕のせいやったと思ってるんですよ。

 

-どうゆうことですか??

こういう事言うとみんな優しいんで「あれは仕方なかったよ」とか「英断だったよ」とか言ってくれるし、その言葉はありがたいんですけど、完全に僕のせいやと思ってるんすよ。その理由の1つは天気予報を信じてもーたことっすね。(前日の)天気予報では、翌日の開催日は1mm程度の雨が降る予定やったんすよ。降るのは覚悟してたんで、1mmっていうと小雨やから地面がグチョグチョになってもやるぞって思ってたんですよ。だから前日は開催前提の準備をして帰宅して。

 

-はい。

でも、実際は夜間から朝方にかけて約15mmも雨が降ったんですよ。雨音が明らかに小雨じゃないから、家におっても寝れなくて。

 

-そうですよね・・・。

どうせ寝られへんし、深夜の3時ぐらいに会場の昆陽池公園に行ったら、テントとかバキバキなんですよ。テント折れてるし、会場の一部は水たまりができてて池になってるし、出店者からも「出店できない」っていう電話がバンバン掛かってきて・・・・。こっちは関西最大級の無料ローカル・フェスを見せる準備があったし、それを見に来て欲しかった。でも・・・用意してたものがどんどん無くなっていくんですよ・・・。コンテンツであるとか、装飾であるとか・・・。

 

-その時の恐怖はヤバそうですね・・・。

ステージだけやる事も考えましたけど、関西最大級の無料ローカル・フェスを掲げる「ITAMI GREENJAM」に来場者が来た時、何もないのに一番奥でステージだけやってるっていう状況・・・これは本当にITAMI GREENJAMにとって良い事なのか?って考えたんすよ。でも同時に支援してくれてる人達の事を考えたらやった方がええんちゃうか?とか・・・いろいろな葛藤があって・・・。で、最終的に事故の可能性も考えて、僕の中で少しだけ中止の方が勝ちました。

 

-深夜というか、当日の早朝に即決しないといけないなんて・・・酷ですね。

あと数十分で決断しないと、全員まで連絡が行き渡らないっていう状況で。ばり怖かったっすね。だって、僕が中止って言うたら中止確定になりますからね。

 

-想像するだけで胃がキリキリします 笑。

(GREENJAM CREWの)かっちゃんに、言葉にならない言葉が出ました 笑。で、結局「中止って連絡して」と、かっちゃんに伝えて・・・。

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. 《Staff Blog》色々と近付いてきましたので宣伝など・・・ | ZANKA MAGAZINE
  2. 《Staff Blog》台風とITAMI GREENJAMと伊丹市 | ZANKA MAGAZINE

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*