《interview》 Clear Box Music代表 : サモハン 前編

Interview File No.1 / Clear Box Music代表:サモハン 前編

File No.1-1
Clear BoX Music代表:サモハン
聞き手/HIDE(ZANKA代表)

 

新企画として今回からはじまった「ZANKA CONNECTION」は、様々な世界で夢を叶えるために生きている人たちにスポットを当てたインタビュー・プロジェクトです。第一弾は、地元・堺市を拠点に「Clear Box Music」というチームで、レゲエ・イベントのオーガナイズやサウンドシステムと呼ばれる「移動式の音響設備」の製作・提供を行っているサモハンさんにインタビューをさせていただきました。コアなレゲエ・ファンや自分のサウンドシステムを持ちたい方は勿論、全く業界の事を知らない方にとっても読み応えのある内容となっています。

 

Clear Box Music代表のサモハンさん

 

 

-さっそくですが自己紹介をお願いします。

Clear Box Music代表のサモハンです。

 

-Clear Box Musicというのは音楽レーベルですか?
いや、今はサウンドシステムをはじめとした音響関係やイベントプロデュースをやっています。あとメンバーにカツヤって奴も居て。将来的にレーベルにして自分の想うアーティストを配信していけたらな、と思って動いてます。もともとはサウンド(※)の名前なんですよ。あと7年前くらいからスタジオもやってますね。まぁ身内だけでやってる感じですけど 笑。


※レゲエの世界では歌い手を「Deejay」と呼び、一般的に「DJ」と認識されている選曲をする人は「セレクター」という。「サウンド(又はサウンド・クルー)」とは、セレクターと「MC」と呼ばれるトークなどで客を盛り上げる人で構成されるチームのこと。サウンド(クルー)の人を「サウンドマン」と呼ぶこともある。

 

-手広くやってますね 笑。聞きたいことは山ほどあるのですが、サモハン君を語る上で外せないのが「CBX KATANA-072」というご自身で製作されたサウンド・システムの存在なのですが。

はい。今年からっすね。1年生っす。

サウンドシステムはひとつひとつが独立したスピーカーになっており、 組み合わせることで様々な音を表現することができる。 写真はサモハンさんが作った『CBX KATANA-072』

 

-完成までどのくらい掛かったんですか?

4年掛かりました。

 

-あんな大きいものを自分で作るってのがどうにも想像できなくて…そもそも作り始めた経緯を教えてくれませんか?

そうっすね….もともと自分はサウンドやってまして。単純に自分で撮り貯めたダブ・プレート(※)を自分のサウンドシステムで聞きたいなって気持ちはずっと持っていて。それで7年前にスタジオをスタートして、そのスタジオがリズム作ったり自分が遊べるとこまでは行ったんで「次、もっとおもろいことできひんかな?」って思った時に「そうや!」って 笑。

 

※「ダブ・プレート」とは、既成の楽曲のREMIXや一部の歌詞を改変してアーティスト本人に歌ってもらう一般的には販売されない音源のこと。

 

-行動力がすごいですね 笑

それでタイミングよく、昔から可愛がってもらってるYellow Choiceのトシヤ君って人に「お前、昔からサウンドシステム持ちたいって言ってたよな?」って声掛けてもらって。

 

-その方とはいつ頃お知り合いになったんですか?

自分がサウンドマンとして活動してた頃っすね。かれこれ16~17年ぐらいお付き合いさせてもらってる凄いカッコいい人なんですよ。それで自分の今のサウンドシステムに入ってるパーツを譲ってもらったんですよ。

 

-うわー。良い話ですね。

自分のサウンドシステムの名前が『CBX KATANA-072』っていうんですけど、これはYellow Choiceのサウンドシステムの名前『KATANA-072 HI-POWER 』からきてるんですよ。そのパーツの一部を譲っていただいたんで。

 

-なるほど、サモハン君のCBXは弟みたいな感じなんですね。「一部」と仰いましたけど、他のパーツはどうしたんですか?

買ったやつもありますし、自分でつくったやつもあります。それはもう見よう見真似で 笑。

 

-見様見真似でなかなか作れるものと思えないのですが….

昔からスタジオ作る時も自分で小さいスピーカーとか作ったりはしてたんで 笑。「それの大きいもんやろ」みたいな感じで特に誰にも聞かずに作り始めました 笑。

 

-自分でいきなりやってみるにしてはお金掛かりそうですし…リスクが 笑

そうですね…安いもんじゃないっすね 笑。いや、安いもん使ってみて、それがアカンってのが分かったらお金使って・・・って結局金掛かってるんですけど 笑。でも単純に高いから良いってもんではないですね。

 

-完成までは簡単な道のりじゃなさそうですね。

好きな音は人それぞれですからね、簡単ではないっすね。自分、やりたいことあったらとりあえず身なり揃えてやってまう派なんで 笑。

 

-(笑) 体で覚えるタイプということは十分に分かりました。

そうっすね。考えるよりまずやってみて、それで痛い目見て覚える感じですね 笑。もう、作っては潰しの繰り返しですよ。

 

-「作る」「潰す」と簡単に言っても、あれだけの大きさなんで大変ですよね。

そうっすね。音も大きいんで音が出せるところも限られますし。野外でやらしてもらった会場に持ってったり。家の前で鳴らしたりもしましたね 笑。 そこで調整して「あかんなー」「ええなー」とか判断して組み直したり崩したりをひたすら繰り返すんですよ。

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. 《interview》 Clear Box Music代表 : サモハン 後編 – ZANKA
  2. 《Staff Blog》色々と近付いてきましたので宣伝など・・・ | ZANKA MAGAZINE

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*